2021年2月12日金曜日

かすやキッズネット3月号

今月(第143号)は『風しん予防接種費用の
助成制度』す。

粕屋町の『風しん予防接種費用の助成制度』
3月末に期限を迎えようとしています。本制度
の利用を検討されている方はご注意下さい。

妊娠初期の女性が風しんに罹るとお腹の赤ちゃん
に目・耳・心臓の異常が生じる可能性があります。
これは先天性風しん症候群“という病気で、現在
も年に数例の報告があります。風しんの治療薬は
ないためワクチンによる風しんの予防が唯一の対応策
となります。

【対象者】
粕屋町に住民票があり、抗体検査で抗体値が
低いことが確認されている以下の方
・妊娠希望者

・妊娠希望者及び妊婦の配偶者(パートナー含む)

 同居者

 

*詳細は粕屋町健康センターにお問い合わせ下さい。

*風しん抗体検査は福岡県内の指定医療機関で

 無料で実施されています。

 詳細は福岡県のホームページにてご確認下さい。



http://vc.town.kasuya.fukuoka.jp/syakaifukushi/index.html


*この記事は粕屋町社会福祉協議会が毎月

 発行している <かすやキッズネット> の

 『まちのおいしゃさん』のコーナーに

  連載中です。


2021年1月16日土曜日

福岡県の新型コロナウイルス感染症の発生状況

 先日、福岡県でも緊急事態宣言が発令

されました。そこで福岡県のHPで公表

されている新型コロナウイルス感染症の発生状況

を症例番号等を基に集計してみました。


*あくまで僕個人で集計したものであり

 その精度に関する責任は持ちません

 ことを了承下さい。


・全県の報告数 および その内の

   小学生表記・10歳未満の報告数

・居住地が糟屋郡の

   10歳未満・10歳代 の 報告数

・居住地が福岡市の

   10歳未満・10歳代 の 報告数 


これを見て感じることは・・・

 これまで学会等で指摘されているように

 ・小児 (特に10歳未満) の感染者は少ない

 ・小児の感染者は、その多くが身近な人

   (特に年長者)  からの感染例が多い

 (家庭内への持ち込み、そこからの感染)


メディアには感染者数の推移を煽るばかり

ではなく、感染者の感染要因・環境・伝播 

等の多面的な検証の報道を希望します。







かすやキッズネット2月号

今月(142)『新型コロナウイルスワクチン』です。

 

現在世界でワクチンの開発が進み、新しいタイプ

mRNAワクチン等の開発が先行しています。

既に米国・英国では200万以上の接種がなされ

ています。


有効性に関してはmRNAワクチンの臨床試験では

有効率90%以上という優れた効果が報告されま

した。ただしあくまで短期的な有効性であり、

長期的な有効性はまだ不明のようです。


副反応はアナフィラキシー等の重篤な有害事象の報告は

ありますが少数のようです。

疼痛・発熱・倦怠感等が比較的多いようです。

現時点で副反応に関しては「概ね安全であるが

今後の検証を踏まえて慎重に評価する」という

論調のようです。


今後日本では優先接種対象者(医療関係者・高齢

者・基礎疾患有者)への速やかな接種体制の構築・

接種が進められる予定です。


*ワクチンの有効率90%以上とは「接種した人の90%

は罹らず10%の人が罹る」という意味ではあり

ません。接種者は非接種者に比べて発症のリスク

10分の1になるというイメージです。

ちなみにインフルエンザワクチンの65歳未満の成人の有効

率は60%程度という報告があります。


1月上旬の情報を元に記載しています)


http://vc.town.kasuya.fukuoka.jp/syakaifukushi/index.html


*この記事は粕屋町社会福祉協議会が毎月

 発行している <かすやキッズネット> の

 『まちのおいしゃさん』のコーナーに

  連載中です。