2017年12月6日水曜日

キッズネット1月号

今月(第105号)は『ノロウイルスの検査』です。

嘔吐下痢症が流行しており、ノロウイルスの検査を希望する方が
いらっしゃいます。そこで本検査のポイントを示します。

★検査キット(イムノクロマト法)
 メリット:短時間(1020分程度)で判定可能.
      簡便であり, 一般の医療機関で検査可能.
 デメリット:検査感度が不十分(特異度は高い印象・・・)
       → 検査結果が『陰性』の場合, 判断が困難.
       検体は, 病中期以降の便が望ましい.
       保険適応は, 3歳未満と65歳以上のみ.

PCR検査
 メリット:検査精度が高い.
 デメリット:時間がかかる(25日間程度)
       特殊な装置が必要.  限られた施設で可能.
       保険適応がなく, 高額な検査費用.

患者さんの病状と検査の特性を鑑みて検査適応を検討します。

当然「検査適応が不十分」と判断するケースもありますので

2017年12月3日日曜日

初冬の二景





          
今年も残すところあと1ヵ月

忘れ物がないようにする

GO!


2017年11月10日金曜日

キッズネット12月号

今月(第104号)は『インフルエンザワクチンは効く?』です。
      
インフルエンザワクチンは「効く?」「効かない?」の質問をよく受けます。
僕はこの議論のポイントは3点あると考えます。

【人間の免疫】
インフルエンザの既往があっても罹患するケースがありウイルスの抗原変異に
人間の免疫システムが十分に対応できていない。

【ワクチンの限界】
現行の不活化スプリットワクチンでは自然免疫系への刺激がなく、
細胞性免疫の誘導ができず、ワクチンの効果は限定的である。
つまりインフルエンザ感染歴が少ない乳幼児にはワクチンの効果が少ないの
は当然である。またワクチンの製造過程での抗原性の変異による有効性
の低下(卵馴化)も指摘されている。

【体調管理】
インフルエンザは人間が本来持っている免疫システムを十分に発揮すれば、
多くの場合1週間以内の罹病期間を経て軽快する。
またワクチンの効果もより発揮される筈である。
従ってインフルエンザ感染予防で一番大切なのは、
自らの免疫システムを低下させない日々の体調管理であると考える。

*「インフルエンザワクチンは効く?効かない?」は、「効く」の定義
 曖昧であり、条件・対象によってその結論は異なります。
 僕は日々の体調管をベースに感染機会へ配慮し、
 その上でワクチンを接種します。

2017年11月9日木曜日

ひなたの修了式

先日、盲導犬候補犬「ひなた」の修了式がありました。
無事訓練センターへ送り出しました。
我が家からの「卒業式」でした。

約11ヵ月の共同生活の中で
癒やされたり教えてもらったり気づかせてもらったり
と本当に貴重な時間でした。

*仔犬達が人間社会における社会性を身に付けていくべく
その最初の大事な期間をお預かりするわけですが、
そもそも人間様は自身の社会性というものを
どう考えているのかな・・・と感じたりもしましたが。

「ひなた」との散歩でのちょっとしたハプニングが楽しかった
のですが、それがなくなりインドア生活になりそうです・・・

これから「ひなた」は仲間達や訓練士さんとの
楽しい日々でしょう!

Go  for  it !!




おたふくかぜワクチン

先月のことですが
当地区におけるムンプス難聴の疫学調査
を発表してきました。

*9月に日本耳鼻咽喉科学会からムンプス難聴の全国調査結果が
 公表されたので、関心のある方もいらっしゃるかと思います。

僕は今回の当地区の疫学調査を通して以下のことを学びました。

・本症は、他人事・対岸の火事ではない。      
・ワクチンは見えない「メリット」と        
見える「デメリット」を十分に勘案すべきである。
 (ワクチンの副反応がゼロということはありえないが
         あっても多くは軽微な副反応である)
・疫学データをはじめとする数値はわかりやすいが、 
その内容を十分に検証すべきである。      
(分母や分子の数、偏り、定義など)       

いたずらに煽るわけではありませんが
おたふくかぜワクチンは大切だと思います。




2017年10月12日木曜日

キッズネット11月号

今月(第103号)は『食物経口負荷試験』です。

私のクリニックでは食物アレルギー(FA)のお子さんを対象に月に数人のペース
で経口食物負荷試験(OFC)を行っています。

ガイドラインでは原因食物の厳格な除去ではなく「必要最小限の除去」を
推奨しており「症状を誘発しない・食べられる範囲までは食べる」を
奨めています。
従ってFAのお子さんは「OFCを行い食べられる量を推測し、少しずつ
摂取量を増やしていく」という段階的解除を行っています。

以下に私のクリニックでのOFCの流れを簡単に記します。
  即時型症状に関する問診 
② OFCの適応ありと判断したらOFC説明・同意、OFCの予約 
③ OFC当日はアレルゲン食物を少量ずつ4090分の間隔で摂取。
     誘発症状がないことを確認して帰宅 
④ 自宅で同食物を指定の量•回数•期間で摂取 
⑤ 数週間後に増量した同食物でOFCを行う
 ・・・
以上を患者さんの状態に応じて数ヶ月間繰り返し、段階的解除を
目指します。

お子さんによっては1年近くかかるケースもありますが、多くのFA
お子さんは完全解除もしくは完全解除に近い状態まで進むことができ
るようです。

もちろん重度のFAのお子さんの場合は慎重な対応が必要ですし、
専門医療機関との連携が必要となるケースもあります。

 http://vc.town.kasuya.fukuoka.jp/syakaifukushi/kidsnet.html

2017年9月15日金曜日

キッズネット10月号

今月(第102号)は『ムンプス難聴』です。

*ムンプス難聴とは、おたふくかぜによる難聴のことです。

9月上旬に2015年〜2016年(2年間)でのムンプス難聴の全国調査結果が
公表されました。それによると2年間で少なくとも336人のムンプス難聴
が確認され、その多くが5歳から12歳の小児であったようです。
また8割以上の方々に高度の難聴を認めており、これらの方々は今後も
日常生活に何らかの支障をきたす可能性があると考えられます。
「全国調査で2年間で336人のムンプス難聴が確認された」というデータ
は身近に感じられないかもしれませんが、キッズネット2月号に書きました
ように昨年度は粕屋地区でおたふくかぜの流行がありました。

ムンプス難聴はおたふくかぜの患者さんの数百人〜千人に1人の割合で
発生すると言われています。有効な対策はワクチンによるおたふくかぜ
の予防しかないため、ワクチンの接種をお勧めします。
世界的にはワクチン接種の徹底により、おたふくかぜはほぼ制圧されて
きています。。。

 http://vc.town.kasuya.fukuoka.jp/syakaifukushi/kidsnet.html