2018年10月15日月曜日

キッズネット11月号

今月(第115号)は『こどもの診療の10年間の変遷(その①)』です。
      
おかげさまで、ふたばこどもクリニックは11月で開院10年を迎えます。
そこで今回から数回に渡ってこの10年間のこどもの診療のトピックを振り
返ってみようと思います。

Hib・肺炎球菌ワクチン】
Hib・肺炎球菌による髄膜炎は致死ケースを数%、脳の後遺症を2030%
に認め、非常に怖い病気です。
本ワクチンはH25年から定期接種として開始されました。
ワクチンの開始前はHib・肺炎球菌髄膜炎の年間発症者数はそれぞれ600人・200
程度であり、僕もクリニックを開院する10年前までは数年に1人程度の診断の
経験があります。患者さんのご家族も大変であったと思います。
それが5年前に定期接種として開始されると、わずか数年で肺炎球菌髄膜炎
は約70%の減少率、Hib髄膜炎にいたっては99%以上の減少率を認め、激減!
というレベルに至りました。現在Hib髄膜炎の発生は殆ど無くなったために
ワクチンの恩恵を忘れがちになりますが、ワクチンの『見えない効果』(病気を
予防するという気づかれにくい効果)を肝に銘じながら、日々のワクチン外来を
行っていきたいと考えます。

【ワクチンの同時接種】
H2012月にHibワクチンが任意接種として開始された後、ワクチンの同時接種が推奨
されてきました。
当初は2本以上のワクチンの同時接種をためらう親御さんが多かったのですが、
徐々に認知されていき、数年前からは45本の同時接種も普通に行うように
なってきました。10年前の同時接種の説明に難渋した状況からは隔世の感が
あります。 (もちろん単独接種を希望される方にも対応しています)

 ★次号に続く

http://vc.town.kasuya.fukuoka.jp/syakaifukushi/kidsnet.html


2018年9月14日金曜日

キッズネット10月号

今月(第114号)は『インフルエンザワクチン』です。
      
10月から インフルエンザワクチン の接種がスタートされると思います。
そこで今回はインフルエンザワクチンのポイントを述べます。

【人間の免疫システム】
過去にインフルエンザの既往があっても感染してしまうケースがあるように、
人間の免疫システムがインフルエンザウイルスの抗原変異に十分に対応できていない
と考えられます。

【ワクチンの限界】
現行の不活化スプリットワクチンでは自然免疫系への刺激がなく細胞性免疫の
誘導ができないため、ワクチンの効果は限定的になってしまいます。
インフルエンザ感染歴が少ない乳幼児にはワクチンの効果が少ないのは当然です。
またワクチンの製造過程での抗原性の変異による有効性の低下(卵馴化)
も指摘されています。

【ワクチンを接種する前に】
インフルエンザは人間が本来持っている免疫システムが十分に発揮されれば、
多くの場合1週間以内に治ります。
現行のインフルエンザワクチンの効果は限定的であるため、自分の免疫システムを
低下させないような体調管理を行ったり、感染機会に配慮した
防衛策をとった上でのワクチン接種を推奨します。

http://vc.town.kasuya.fukuoka.jp/syakaifukushi/kidsnet.html


2018年8月27日月曜日

子育て出前講座特別編の報告

8/25に、子育て出前講座特別編
@粕屋町社会福祉センター
を行ってきました。

テーマは
乳幼児の食物アレルギー
でした。

前半で
ベースとなる考え方をお話しさせていただきました。

後半は個別質問を受け付けました。

多少なりとも皆様の知識の整理になれば
いいなと思っています。

今回で第9回目、6年目となりました。

僕自身、このような機会で準備をする中で
いろいろと得るものがあり、
今後、よりブラッシュアップした
内容のお話をしていきたいと考えています。

暑い中、ご参加いただいた皆様、
社会福祉協議会の皆様、
ありがとうございました。





2018年8月18日土曜日

YOSAKOIかすや祭り




今年は

10/6(土)・10/7(日) です !

2018年8月16日木曜日

おたふくかぜワクチン


「NPO法人 VPDを知って、子どもを守ろうの会」の
今月の NEWS LETTER を紹介させていただきます。
*同会のURLはこちらです https://www.know-vpd.jp/






キッズネット9月号

今月(第113号)は『おたふくかぜワクチン』です。

「おたふくかぜ」は予後良好な病気ですが、時に合併症に注意が必要な
病気でもあります。特に「難聴」は強い聴力障害を遺してしまうといわ
れています。

この難聴の合併は、おたふくかぜ約1000人に1人程度で認めるといわれ
ています。疫学調査から2016年度の糟屋地区では同規模のおたふくかぜ
の流行あったと推測されます。

おたふくかぜは4〜5年に1度の流行を認めるといわれており、2〜3年後
に再び糟屋地区でおたふくかぜが流行する可能性があると思います

おたふくかぜには治療薬がないため「ワクチンによる予防」が重要です。
 1歳を過ぎたら「おたふくかぜワクチン」の接種をお勧めします

*現実には接種費用が数千円程度(5000円〜8000円程度)するため、
 日本でのおたふくかぜワクチンの接種率は30%程度しかないようです。
 国は定期接種化を目指していますが、実現にはまだ時間がかかる
 ようです。
 自治体によっては接種費用の公費助成を検討している地域もあり
 ます。僕も地域の小児科医としてその推移を見守っていきます。

 ちなみに現在福岡県でおたふくかぜワクチンの公費助成がある
 自治体は2つの地域のようです。
 


2018年7月18日水曜日

キッズネット8月号

今月(第112号)は『食物アレルギー』です
                                   
「食物アレルギーは(個別性が高いため)その診療は難しい・・・」と感じます。
 今回は僕の考えを少々述べます。

① 食物アレルギーの全体像はまだ十分には解明されていませんが、
  最近は免疫学的知見から 経口免疫寛容・腸内細菌などがトピックのようです。

② 食物アレルギーは1人1人の病状が異なるため、診断・管理は簡単には決められません。
  個人個人に対し “手探り” で対応していきます。

③ 採血による特異的IgE検査は不確実な側面があります。
  一部のコンポーネントアレルゲンの特異的IgEにのみ限定的な有用性が確認されているのが
  現状です。

④ 原因食物の厳格な除去ではなく「必要最小限の除去」が推奨されてています。
 「症状を誘発しない範囲内で食べる」「食べられる範囲までは食べる」こと
  ガイドラインでは推奨されています。

⑤「食物負荷試験を繰り返しながら、少しずつ制限解除を進める」という段階的解除
  が管理の主体となってきています。


⑥ もちろん重症の患者さんには厳密な管理が必要です。


8/25() 粕屋町福祉センターにて『乳幼児の食物アレルギーのお話し会』を
  開催します。お気軽に参加下さい。

 http://vc.town.kasuya.fukuoka.jp/syakaifukushi/kidsnet.html