2020年3月18日水曜日

かすやキッズネット4月号

今月(第132号)は『赤ちゃんの予防接種のポイント』です。
                             
新年度になりましたので、ポイントをおさらいします(^ ^) 

    生後2ヵ月からスタートしましょう。

② 接種できる時期が来たら早目に接種しましょう。
 *赤ちゃんは感染症に対する免疫力が低いため推奨される
  時期になったら速やかに接種して早目に免疫を確立させ
  ましょう。

③ 接種時期に注意しましょう。
 *以下のワクチンでは気をつけましょう.
  ロタウイルスワクチンの1回目は生後146日までに接種する.
  4種混合ワクチンの1回目は生後3ヵ月から接種開始する.
  B型肝炎ワクチン(定期接種分)3回目1回目の接種から
  139日以上あけて1歳の誕生日の前日までに接種する.
  BCGは生後5ヵ月から1歳の誕生日の前日までに接種する.

④ できるだけ同時接種で行いましょう。

☆予防接種には定期接種・任意接種があり、接種時期が細かく
  規定されているものもあります。
  不明の点があれば医師にご相談下さい。

☆本年10月よりロタウイルスワクチンが定期接種になる予定です。
本年8月以降に生まれる赤ちゃんが対象のようです。
 詳細は改めて、キッズネットにてお知らせします。



http://vc.town.kasuya.fukuoka.jp/syakaifukushi/kidsnet.html


2020年2月20日木曜日

学校保健安全委員会

本日は午後から
学校医をしている小学校で
お話しをさせていただきました。

1月の時点では
・インフルエンザ感染症
・マイコプラズマ感染症
・伝染性紅斑:りんご病

を予定していましたが、
急遽、新型ヒトコロナウイルス(COVID-19)
をメインにお話しをさせていただきました。




かすやキッズネット3月号

今月(第131号)は『新型コロナウイルス感染症』です。
                            
昨年12月中国武漢で新しいコロナウイルスによる肺炎が報告され、世界的に
感染例が報告されています。2月上旬までに報道されている疫学データ
は対象の詳細が不明・限定的であるため、冷静な対応が必要と考えます。
2月上旬時点での要旨を以下に示します。

・これまで人に感染するコロナウイルスは6種類が知られていた。その内の
 4種類はよくある鼻かぜウイルスである。他の2種類は2003年の
 SARSウイルス、2012年のMERSウイルスであり、これらは基礎疾患の
 ある方や高齢者の方に肺炎等の重症化のリスクがある。
・今回はこの6種類とは別のコロナウイルスが新たに発見された。
・感染力は通常の季節性インフルエンザと同程度と推測される。感染力は
 社会集団の免疫状態に左右されるので、数年後には他のかぜウイルスと
同程度の感染力に落ち着く可能性がある。
・重症度(死亡率)は通常の季節性インフルエンザと同程度と推測される。
 (日本の季節性インフルエンザの患者数は年間約1千万人、死亡者数は
  約1万人。その多くは基礎疾患のある方や高齢者の方々)
・現時点で有効なワクチン・治療薬はなく、現在開発中である。感染者の
 多くは軽症であり、一般的な対症療法で対応する。
・感染予防として、手洗い・うがい・咳エチケットが推奨される。

ふたばこどもクリニック ☎957-1021
http://www.futabakodomo.com/  

http://vc.town.kasuya.fukuoka.jp/syakaifukushi/kidsnet.html

*本原稿は投稿時(2月10日)の情報を元に記載していることを
 了承ください。

2020年1月18日土曜日

粕屋町のおたふくかぜワクチン助成事業


先日、粕屋町でのおたふくかぜワクチン助成事業
について発表してきました。

粕屋町以外の小児科の先生方も
本事業に興味を持っておられるようです。

本事業開始後約半年しか経っておらず
接種率の評価は難しいと思いますが
日々の診療では接種者は増えていると感じています。


*以下、発表スライドの一部です。
当クリニックの接種状況です。



かすやキッズネット2月号

今月(第130号)は『おたふくかぜワクチン接種費用の助成事業』です。
                            
昨年6月から粕屋町では標記事業が始まり、約半年が経過しました。
まだご存知でない方もいらっしゃるかもしれないのでご案内します。

【対象者】本ワクチンを接種されるお子さんで、予防接種実施日に
     粕屋町に住民登録がある1歳以上4歳未満のお子さん。

【助成額】接種費用のうち、3,000円を上限に助成があります。
     *全額の助成ではありません。
     *助成は1回の接種のみに限ります。

【助成方法】まず医療機関に接種費用を全額お支払いしていただきます。
      その後必要書類を粕屋町健康づくり課に申請していただき、
      粕屋町から助成金が支払われます。

【必要書類】・予防接種済証 または 予診票 いずれかの写し
      ・領収書原本
      ・振込先口座がわかるものの写し 
      ・申請者本人確認書類(運転免許証等)
      ・認印

*不明な点は「粕屋町健康づくり課」にお問い合わせください。
      (TEL092-938-0258
*本事業は粕屋町単独の事業であり福岡県では4つの実施自治体で
行われています。2016年度の糟屋地区のおたふくかぜの大流行を
踏まえての事業です。
この機会におたふくかぜワクチンの接種を検討しませんか?

http://vc.town.kasuya.fukuoka.jp/syakaifukushi/kidsnet.html

2019年12月20日金曜日

かすやキッズネット1月号

今月(第129号)は『保険診療』です。
                             
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
今回は堅めのテーマ「保険診療」についてです。

私達「保険医」が「保険医療機関」で行う診療行為(保険診療)は
“療養担当規則”に則って行うことが原則となります。
親御さんから「△△が流行っているので検査を希望する」等の要望
があります。ただ “療養担当規則”では「各種検査は診療上必要が
認められる場合に行う」とあるため、必要な検査項目を選択し、
段階を踏んで検査を実施します。
たしかに必要な検査項目の判断は難しいのですが、
患児の症状(その程度重症度)・経過・見通しを総合的に勘案して
検査を実施します。
不顕性感染の可能性まで考えて検査を際限なく行ってしまうと
日本の保険診療は破綻します。
また自分の頭で物事を見る・考える・先を見通すという大切な能力が
育ちません。このような診療を100%成し遂げることは不可能です
が、“療養担当規則”を原則としながら患児の状況に即した診療を
目指していきたいです。 
偉い人の年頭所感のようで恐縮です・・・  ^_^;

http://vc.town.kasuya.fukuoka.jp/syakaifukushi/kidsnet.html

2019年11月24日日曜日

クリスマスツリー



*今年はツリー本体を新しくしました。
電飾も新しくする予定です。
(12月になればセールが・・・)