2020年5月15日金曜日

かすやキッズネット6月号

今月(第134号)は『粕屋町の予防接種助成事業』です。

粕屋町では独自の予防接種費用助成事業が行われています。
対象の方はご検討されたらいかがでしょうか?
要点のみを記載しているため、詳細は「粕屋町健康づくり課」
にお問い合わせください。

★麻しん予防接種
・対象者:町内の児童福祉施設等(公立・民間を問わない)
     乳幼児と接する職員(職員の居住地は問わない)
・助成金額:接種者一人あたり5,000円を上限(償還払い)

★風しん予防接種(クーポン券が発行された定期接種ではない)
・対象者:粕屋町に住民票があり被接種者の*風しん抗体値
     の低値が確認できる妊娠希望者もしくは妊娠希望
     者・妊婦の配偶者 (パートナーを含む)・同居者
・助成金額:接種者一人あたり5,000円を上限(償還払い)
(注) 風しん抗体検査は福岡県の事業で無料で実施されて
        います. 118号でも掲載していますが
   詳細は「福岡県HP」を参照下さい.

★おたふくかぜ予防接種:
  紙面の都合上130号を参照下さい _(._.)_


http://vc.town.kasuya.fukuoka.jp/syakaifukushi/kidsnet.html

2020年4月18日土曜日

かすやキッズネット5月号

今月(第133号)は『食物アレルギー』です。
                                   
日々の診療で問い合わせの多い食物アレルギーです。

以下にポイントを述べますのでご参考に下さい。

① 食物アレルギーの全体像はまだ十分には解明されていません
  最近は免疫学的知見から 経口免疫寛容・腸内細菌などが
  トピックのようです。
② 食物アレルギーは1人1人の発症様式・経過が異なるため
  患者さん毎に個別に対応していきます。
③ 採血による特異的IgE検査は不確実な側面があります。
  一部のコンポーネントアレルゲンの特異的IgEにのみ限定的な有用性
  が確認されているのが現状です。
  診断で最も重要なのは詳細な問診(摂取歴)です。
④ 原因食物の厳格な除去ではなく「必要最小限の除去」が推奨
  されてています。「症状を誘発しない範囲内で食べる」
 「食べられる範囲までは食べる」ことが推奨されています。
⑤ 「食物負荷試験を繰り返しながら、少しずつ制限解除を進め
  る」という段階的解除が主体となってきています。

★ 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、福岡県でも緊急事態宣言が
  発令されました。私どものクリニックでもクラスター対策を日々検討
  しながら診療を行っています。
  手洗い・うがい・マスク・3密の回避を意識し、
  規則正しい生活を心がけましょう。

http://vc.town.kasuya.fukuoka.jp/syakaifukushi/kidsnet.html



2020年3月18日水曜日

かすやキッズネット4月号

今月(第132号)は『赤ちゃんの予防接種のポイント』です。
                             
新年度になりましたので、ポイントをおさらいします(^ ^) 

    生後2ヵ月からスタートしましょう。

② 接種できる時期が来たら早目に接種しましょう。
 *赤ちゃんは感染症に対する免疫力が低いため推奨される
  時期になったら速やかに接種して早目に免疫を確立させ
  ましょう。

③ 接種時期に注意しましょう。
 *以下のワクチンでは気をつけましょう.
  ロタウイルスワクチンの1回目は生後146日までに接種する.
  4種混合ワクチンの1回目は生後3ヵ月から接種開始する.
  B型肝炎ワクチン(定期接種分)3回目1回目の接種から
  139日以上あけて1歳の誕生日の前日までに接種する.
  BCGは生後5ヵ月から1歳の誕生日の前日までに接種する.

④ できるだけ同時接種で行いましょう。

☆予防接種には定期接種・任意接種があり、接種時期が細かく
  規定されているものもあります。
  不明の点があれば医師にご相談下さい。

☆本年10月よりロタウイルスワクチンが定期接種になる予定です。
本年8月以降に生まれる赤ちゃんが対象のようです。
 詳細は改めて、キッズネットにてお知らせします。



http://vc.town.kasuya.fukuoka.jp/syakaifukushi/kidsnet.html


2020年2月20日木曜日

学校保健安全委員会

本日は午後から
学校医をしている小学校で
お話しをさせていただきました。

1月の時点では
・インフルエンザ感染症
・マイコプラズマ感染症
・伝染性紅斑:りんご病

を予定していましたが、
急遽、新型ヒトコロナウイルス(COVID-19)
をメインにお話しをさせていただきました。




かすやキッズネット3月号

今月(第131号)は『新型コロナウイルス感染症』です。
                            
昨年12月中国武漢で新しいコロナウイルスによる肺炎が報告され、世界的に
感染例が報告されています。2月上旬までに報道されている疫学データ
は対象の詳細が不明・限定的であるため、冷静な対応が必要と考えます。
2月上旬時点での要旨を以下に示します。

・これまで人に感染するコロナウイルスは6種類が知られていた。その内の
 4種類はよくある鼻かぜウイルスである。他の2種類は2003年の
 SARSウイルス、2012年のMERSウイルスであり、これらは基礎疾患の
 ある方や高齢者の方に肺炎等の重症化のリスクがある。
・今回はこの6種類とは別のコロナウイルスが新たに発見された。
・感染力は通常の季節性インフルエンザと同程度と推測される。感染力は
 社会集団の免疫状態に左右されるので、数年後には他のかぜウイルスと
同程度の感染力に落ち着く可能性がある。
・重症度(死亡率)は通常の季節性インフルエンザと同程度と推測される。
 (日本の季節性インフルエンザの患者数は年間約1千万人、死亡者数は
  約1万人。その多くは基礎疾患のある方や高齢者の方々)
・現時点で有効なワクチン・治療薬はなく、現在開発中である。感染者の
 多くは軽症であり、一般的な対症療法で対応する。
・感染予防として、手洗い・うがい・咳エチケットが推奨される。

ふたばこどもクリニック ☎957-1021
http://www.futabakodomo.com/  

http://vc.town.kasuya.fukuoka.jp/syakaifukushi/kidsnet.html

*本原稿は投稿時(2月10日)の情報を元に記載していることを
 了承ください。

2020年1月18日土曜日

粕屋町のおたふくかぜワクチン助成事業


先日、粕屋町でのおたふくかぜワクチン助成事業
について発表してきました。

粕屋町以外の小児科の先生方も
本事業に興味を持っておられるようです。

本事業開始後約半年しか経っておらず
接種率の評価は難しいと思いますが
日々の診療では接種者は増えていると感じています。


*以下、発表スライドの一部です。
当クリニックの接種状況です。



かすやキッズネット2月号

今月(第130号)は『おたふくかぜワクチン接種費用の助成事業』です。
                            
昨年6月から粕屋町では標記事業が始まり、約半年が経過しました。
まだご存知でない方もいらっしゃるかもしれないのでご案内します。

【対象者】本ワクチンを接種されるお子さんで、予防接種実施日に
     粕屋町に住民登録がある1歳以上4歳未満のお子さん。

【助成額】接種費用のうち、3,000円を上限に助成があります。
     *全額の助成ではありません。
     *助成は1回の接種のみに限ります。

【助成方法】まず医療機関に接種費用を全額お支払いしていただきます。
      その後必要書類を粕屋町健康づくり課に申請していただき、
      粕屋町から助成金が支払われます。

【必要書類】・予防接種済証 または 予診票 いずれかの写し
      ・領収書原本
      ・振込先口座がわかるものの写し 
      ・申請者本人確認書類(運転免許証等)
      ・認印

*不明な点は「粕屋町健康づくり課」にお問い合わせください。
      (TEL092-938-0258
*本事業は粕屋町単独の事業であり福岡県では4つの実施自治体で
行われています。2016年度の糟屋地区のおたふくかぜの大流行を
踏まえての事業です。
この機会におたふくかぜワクチンの接種を検討しませんか?

http://vc.town.kasuya.fukuoka.jp/syakaifukushi/kidsnet.html